■YOUR LANGUAGE >>google translate

沖縄2016春 沖縄旅行記【1】海の上に建つ神社「波上宮(なみのうえぐう)」


2016年3月初旬、沖縄へ二泊三日の旅へ。

毎年のように沖縄へ行っていますが、何度も行きたくなるところです。

今回は1日目は那覇市内を散策→ホテルのある名護方面に移動。

2日目は名護・本部町へ、というスケジュール。

いい天気でした。

まずは「波上宮」へ。

ゆいレール「県庁前駅」からタクシーで行きました。10分くらい。

大きな鳥居と階段があり、そこを上がると…

狛犬が朱塗りのシーサー!沖縄らしい!

拝殿。屋根瓦や塗りの色からも沖縄らしさが滲み出ています。

遥か昔から沖縄の人々がニライカナイ(海の彼方にあるとされる神々の国、理想郷)の神々へ豊漁や豊穣の祈りをささげた拝所がルーツだといわれています。

また、熊野三社権現を祭った琉球八社のひとつ。沖縄相撲や神輿行列も行われ「なんみんさん」「ナンミン」と呼ばれ親しまれているそうです。

この神社は若狭ビーチの隆起サンゴ礁の上に建っており、すなわち直下は海です。下は遊泳もできる波の上ビーチ。なので鳥居とは反対側の海側へ抜けると、海を眺めながら散策できるので、那覇市内で泳ぎたい、海を眺めたいという方は、波上宮と併せて観光されるのはいかがでしょうか。

—-

再び県庁方面に戻ることに。

行きはタクシーを利用しましたが、帰りは歩いて行きました。その途中でも沖縄らしい?ものと遭遇しました(^^)