■YOUR LANGUAGE >>google translate

広島2016初夏 広島旅行記【1】「あなごめし うえの」ジューシーな名物穴子飯

2016年の6月、広島へ旅行に行きました。

今回は、その時の旅行記録をしたためたいと思います。

広島へは新幹線で行きました。
6:56発の新幹線で京都から広島へ。
8:37 広島駅に到着。
JR山陽本線・岩国行へ乗り換え、宮島口駅へ。

この日はまず安芸の宮島へ(^O^)

宮島にはここからフェリーに乗らなければなりません。船で10分ほどで宮島に到着。

この日は大きな目的がありました。
「あなごめし うえの」へ。創業明治34年のお店。
10:00開店。開店と同時に入店しました。
お客さんは4組くらいでした。

そしてあなごめし特上(2400円)を注文。(小)は1750円(税込)、(上)は2000円(税込)でした。

たっぷりのあなご!

美しくしきつめられています。

あなごはふっくら柔らか。脂ジューシー。

お店のホームページによると、あなごは蒸しもせず、煮ることもなく、只々焼くのみだそう。

また、こちらはお弁当もあります。焼きたても美味しいし、2,3時間後にいただくお弁当の何とも言えない旨みがあるそうです。

ちなみに広島市内三越店の「イートイン」にて釜炊きあなごめしをいただけるそう。
予約無しでもOKだそうで、こちらもいつか食べてみたいです。

広島へ来た際は宮島へ。宮島への船に乗る前には「うえの」のあなごめしを。

【住所】
〒739-0411
広島県廿日市市宮島口1−5−11
「うえの」