■YOUR LANGUAGE >>google translate

京都祇園祭の楽しみ方【9】~南観音山のあばれ観音~

宵山の22時頃から、各山鉾町では「日和神楽」といって、山鉾巡行の好天を願って八坂神社の旅所(四条寺町)まで詣でます。

そしてそこから帰ってくると、南観音山だけ行われる儀式があります。
日和神楽後、本尊の楊柳観音をしばりつけた御輿を激しく揺らしながら町内を3周するのです。
それが「あばれ観音」。

宵山の23時あたりになると、南観音山に人が集まりはじめます。

23時くらいから待っていましたが、
はじまったのは23:30くらいからだったと思います。

「山鉾巡行の日には静かに座っていてもらうために今のうちに暴れされる」などのいわれがあるそうです。

23:40くらいに終わったかと思います。
深夜にもかかわらずたくさんの見物人がいました。