■YOUR LANGUAGE >>google translate

京都祇園祭の楽しみ方【2】混雑が苦手なの方ために~四条傘鉾~芦刈山~油天神山~木賊山~太子山~

それでは混雑が苦手な方へおすすめのコースをご紹介します。

まずは山鉾マップはこちら

四条油小路~五条油小路界隈、すなわち、
四条傘鉾~芦刈山~油天神山~木賊山~太子山という流れで見物します。
四条~五条の順だと、阪急大宮駅からがいいと思います。太子山方面から行きたいという方は京都市営地下鉄五条駅から歩いてください。

?四条傘鉾
ここはスーパーフレスコの前、四条通りに面していることで賑やかです。なによりのポイントは「棒振り踊り」。子供たちがお囃子に合わせて踊ります。とっても可愛らしいので毎年欠かさずみています。

時間帯は夕方~夜、数回披露(1時間おきくらいか)されていました。宵々山から宵山までだったかと思います。
時間を聞いておいて、先に他の山鉾を見学に行くのもアリだと思います。

?芦刈山

?油天神山

?木賊山

木賊山はかわいい子供たちがおまもりをすすめてくれました。

?太子山
子供たちのわらべ歌が披露されていました。とっても可愛らしいかったです。

あと、毎年引き手を担っている同志社大学グリークラブのみなさんによる宵山コンサートもありました。ゆずの栄光の架け橋など歌っておられました。すばらしかったです。

山鉾マップで言えば左に固まっているエリアはとにかく落ち着いていてアットホームで、ここに住む人たちの祭りなんだということを再確認できます。

祇園祭の前後の京都は毎年暑いです。夏本番8月よりもこっちの方が暑いんじゃないかと。夕立も多く、夜でもむしむししています。露店はたくさん出ていますが、休憩処やトイレは少ないような気もします。なので、長時間いるより数時間楽しむほうがいいのかなと思っています。

今年の祇園祭はしっとり楽しんでみてはいかがでしょうか。

次のブログでは、祇園祭のついでに京都グルメも楽しみたい方へ向けて、おすすめスポットを書いています。
こちらもぜひご覧ください!